忍者ブログ
ただ今、休憩中でございます...
自己紹介
HN:
宅屋 (たくや)
趣味:
旅行/語学/お祭り/宝飾鑑賞/ノキアE71/サムスンOmnia/DSi
自己紹介:
ただ今休憩中でございます...
ブログ内検索
最新コメント
[03/11 aho]
[03/10 ばに]
[02/26 Kaz]
[02/20 NONAME]
[02/20 NONAME]
あれこれ
Twitter/ツイッターる↑

↓お買い物にどうぞ↓





amazon英国Best10の
↑さわりが聞けます↑



free counters



カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
広告
カウンター
バーコード
スポンサー広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実は、先日、病床にある友人(haibaraのブログ)が
こちら(「ダークサイド」)
にも度々登場する某ストーカーから
こんなイチャモンをつけられたんでございます。

「もし法的手段もお考えであるならば、
 すべてが私の意図したものであったという
 証拠になるものを示していただきたいです。 」

(爆)
いえね、法律で問われる「意図」というものが
「加害者が【主張する】意図」であったら
どんな事件だって、
加害者が有利になっちゃうじゃぁありゃしませんか。
そりゃ、あなた、
【冤罪】は、全く、別の話でございますが
既に、罪に値する行為自身を認めている立場の犯罪人ってのは
反省心が強く潔い人以外は
なかなか【都合の悪い意図】は認めたりしないもんなんですよ。
時には、突如として【記憶障害】をわずらったり
【事実】をねじまげたり、悪あがきに必死になればなるほど
肝心の罪への反省心が薄れて行くって道理さえ
わからなくなるもんなんでしょうな。

「悪気が無かった」
「そんなつもりは無かった」
なんてぇ主張は、
まぁ、殺人犯が裁判で
「殺すつもりは無かった」って
刑罰の重い故意殺人から過失殺人に
逃れようとしたりするようなもんでございますが
そんな犯人の【主張する】意図が
「そうか悪気は無かったんだな」
なんて鵜呑みされるほど
法治国家ってぇもんは甘くはありません。
当然
客観的な事実と言動という「証拠」から
犯罪の全体像が描き出されて刑罰が与えられるわけです。


さて、前置きが長くなりましたが
(前置きだったんでございますね、ほほほほ)
この顛末を拝見いたしまして、
ブログろうと思いつつも躊躇しておりました
つい最近の
「里親による里子虐待事件」について
いったん、ここで書いてみようかなと思うに至りました。

事件報道↓によりますと
里親の女が里子の女児を虐待 6ヶ月の重傷負わせた容疑で逮捕
容疑者は
「『頑張って養育してきたが、夫になついて
  私には反抗的な態度をとるので
  ついかっとなった』と容疑を認めている」
そうで、
まぁ、他人の力を借りずに育児している親であったら
道理の通じない子どもに対して
かっとなるなんてぇのは、よくある事でしてね
育児ってぇもんは、まさしく修行なんでございます。

されども
育児の一貫で【一時的に】かっとなっただけで
「下腹部を傷つけられ、直腸が裂ける傷」
「全身に殴られたような跡」
「暴行後半年以上たった現在も入院治療」な
「6ヶ月の重傷」
になったりゃぁしませんやね。

容疑者が、どんな主張をしようと、
病院側が、実際に、怪我の状況を見て、判断するわけでして
今回の事件が明るみに出たのも、
容疑者の「主張」に満足しなかった病院側が
里子の実母に連絡を取り、この実母が
警察に訴えた結果だったんでございます。

下で紹介いたしますサイトにも書かれておりますが
ここに、私は、驚きましたよ。
病院には、通報義務は無いんでしょうか????
そして、里子の長期入院を当然知っていたはずの
関連機関(市中央児童相談所?)の責任は????
これは、既に、
1人の里親の個人的犯罪じゃぁ済まない
重要な社会的問題だってぇのに
役所へのおとがめは、一切無しみたいじゃぁないですか??

英国でも、度々、児童虐待事件が報道されるんですが
そこで必ず問題になるのが、その事件の起きた地域を
管轄する役所(児童福祉)の責任です。
当然、その地域や家庭の担当者だけでなく、
部門自身の責任が問われます。
そもそも、もし
こんな事件が英国で起きたならば
【容疑者がどんな主張をしていようと】
まず疑われるのは
「小児嗜好性癖者」(paedophile)である事ですよ。
その点も今回の報道で問われていなかった事に
一種の「(英語的な意味での)naiveさ(青さ)」
さえ感じましたよっ!偽善にも似た青さ、をね。


英国にも、当然、里親制度はありまして、
手前の周囲にも、里親をしている方がおられますが
手前が初めて「里親」に触れた時に、友人に
「育児ってのは大変なのに進んで里親になるとは素晴らしい」
と誉めましたら、友人は、こう申しました。

「いや、あの家は、里子のおかげで、補助金がたくさん
 もらえて、生活はラクになるし、
 海外でのホリディも、里子のおかげで(市から与えられ)
 行けたんだよ。里子がいなくって
 あの家の経済状況だったら無理だったはずだから
 決して慈善精神だけじゃぁないんだよ。」

つまり、里親というのは、
【(補助資金の全く出ない)養親】とは異なり
一種の「ビジネス」として扱われているって事なんです。
そして
ここが重要なんですが
ビジネスゆえに「業績を管理」されている存在であり
その為、里子に対する虐待というものは
実子に対する虐待よりも、遥かに
発見されやすい状況にあるのではないでしょうか。

もっとも、英国には、
児童虐待容疑を【かけられやすい】
また、いったん容疑をかけられると
親は子から引き離され
解消するまでに1年もかかってしまったり
そのまま一生暮らせなくなったり、と
様々な
【逆の問題】もあるんですが
それについては、また後日、記録させていただきます。


ここで、
この容疑者に戻りますと、
虐待予防協力員が里子に傷害容疑
「2年以上前から
 大阪市北区の「ファミリーサポーター」として
 月に数回、6歳までの児童を預かり、
 保育士の資格取得も目指して」おり
「さらに2007年11月には
 『子どもとともに成長したい』と市に里親登録を申請。
 合わせてボランティアとして
 児童虐待の早期発見に努める協力員になり、
 年2回の研修も受けた」
そうなんですが...
もし万一この容疑者が、例えば、夫の犯罪
(性的虐待)を庇っていたとしても
里子を守るためには何もしていなかった
という重篤な罪を既に犯しておったわけですし
そもそも、
里子をいい大人が「人として成長」するために
育てるってとこからして、
手前は強い違和感を得ましたよ。

里子にせよ実子にせよ
確かに育児で親は成長しますがね、
それが、育児の目的じゃぁありません。
育児の最大の目的は、
子の成長、子の未来でしょうがっ!

英国で、里親制度の事を
「fostering」と申します。
発達/発展を促すという意味を持つ言葉です。
里親も(親も)
あくまで、子の人生の裏方なんです。
子を大人が利用しちゃぁいけない。
子は、一切、選択できないんですから。


ところで
この事件について、あちこち読みまくっているうちに
手前は、これらの↓サイトに出逢いました。
里親家庭を「家」と呼ばないで
里親から里子への児童虐待
是非
是非
お読みになってください。




人気ブログランキングへ
↑どうか一押し!↑

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
「悪意」に関して
餡子
あのさあ、法治国家において、裁判でも
何でも、悪意があったかどうか、ってのは、
基本的には、あくまで問題になるのは、後から、じゃねーの?
加害者側に悪意があったかどうか、は別と
して、その行為そのものが法に触れると
なれば、それはまず、違法行為、と認められるわけでしょうが。
だから、「大人の世界じゃアンタ、悪意が
無かった、わざとじゃなかった、じゃ
すまないんだよ」ってことを、
だから親は一生懸命子供に教えるわけで
しょうが。
意図的であったかどうか、ってことは、
その後、刑罰の重さに反映してくるから、
重要なポイントではあるだろうが、
あれば死刑、無ければ無罪放免お咎めなし、って、
そこまでの差がつくもんじゃないで
しょうが・・。愛するあまり殺してしまった、ってことだってあるんだからさ。

でもさあ、過失、ってのが認められる
のは一回だけの話であって、何十回も
過失事故を繰り返してたら、
「悪意は無かった」ってのは
「もっと問題だ」ってことになるんじゃ
ないのかよ。

Re:餡子ちゃん
宅屋 (たくや)
そもそもね
「悪意は無かった」
なんて言う事自体が自己弁護だからねぇ。
悪かったって思う反省心より何より
自己弁護が先ってこってしょ?
みっとっもないったらありゃしませんよ。
それを何回繰り返したらすむんだいってこってね。
カスミちゃんの言ってた「3桁」に
もうなってんじゃねぇかねぇ?
ほんと,ごめんなさいですめば警察はいらねぇ
ってのと同じで
「悪意は無かった」ですめば警察はいらないんだからねぇ,
正当防衛だって,その状況証拠を
しめさなくっちゃぁならないんだもの。



>愛するあまり殺してしまった、ってことだってあるんだからさ。>

そうそう。
愛の有無は全く関係無いんですよ。
そんなのは自分勝手な感情だからね。
肝心なのは殺害って部分ですからね。



>過失、ってのが認められる
>のは一回だけの話であって

過失が一度も認められない世界や
過失が命取りってなる状況なんて
実際には多いんだからねぇ。




色々と・・・
小町
今回のストーカー事件での唯一の利点は
人間の醜さとか愚かさに、その他もろもろについて
色々と考えさせられたなぁ・・・って事かな。
あ、もひとつ、私らの団結が強くなったって事もあるけど。

学校で子供たちが、トラブルになったときによく聞く言葉の一つに
「I didn't mean it.」
ってのがあって、コイツ嘘ついてると分かるときもあるけど
とりあえずそういう場合も、言い訳ナシで
相手にしっかりと謝らせる。
謝らずにグダグダと言い訳ばかり言う子には
タイムアウトを与えてるんだよね。
いい大人でもタイムアウトが必要なんだろうな。
自分自身でタイムアウトできない奴だからさ。
Re:小町はん
宅屋 (たくや)
>今回のストーカー事件での唯一の利点は
>人間の醜さとか愚かさに、その他もろもろについて
>色々と考えさせられたなぁ・・・って事かな。

ほんにねぇ。
反面教師としちゃぁ最高。

>私らの団結が強くなったって事もあるけど。>

そうそう。

>「I didn't mean it.」>>
>とりあえずそういう場合も、言い訳ナシで
>相手にしっかりと謝らせる。>

英国の学校も同じ方針。
そうやって子供は学んだよねぇ。

>いい大人でもタイムアウトが必要なんだろうな。
>自分自身でタイムアウトできない奴だからさ。>

まさしくっ!
彼女に必要なのはタイムアウト!
銀河系を出たとこでタイムアウトしてほしい。(爆)
里子の件は・・・
小町
宅屋さんが紹介してくれたサイト、チラッと読んだけど
ショックな内容だよね・・・。

今まで里子制度について考えたことなかったんだけど
ビジネスでやるにしても、責任持って
仕事を果たすなら、それでいいと思う。
子供には選択肢はないという事を理解して
責任持って、世間に出しても恥ずかしくない子供を
育て上げるなら、それによって利益を得るのもいいと思う。
でも、選択肢のない、弱い子供を利用して
お金だけもらおうというのは許せない。
ましてや、虐待なんてもってのほかだよね。

私もこの事件は氷山の一角と言う気がするし
これをきっかけに、問題が少しでも解決してくれればいいと思うけど
私らには一体何が出来るんだろうね・・・。
Re:小町はん
宅屋 (たくや)
>宅屋さんが紹介してくれたサイト、チラッと読んだけど
>ショックな内容だよね・・・。>

衝撃的だけれど目をそらしちゃいけない
何かしなくちゃいけないって
痛感させられるサイトでしょ?

>ビジネスでやるにしても、責任持って
>仕事を果たすなら、それでいいと思う。

そうそう,ビジネスならビジネスでいい。
むしろビジネスのほうが不透明な部分は無くなりますから。


>選択肢のない、弱い子供を利用して
>お金だけもらおうというのは許せない。
>ましてや、虐待なんてもってのほかだよね。>

ほんにね。でも悲しい事に
こう考える里親は決して少なくないらしい。
もちろん素晴らしい里親もいるんですがね。

>私もこの事件は氷山の一角と言う気がするし
>これをきっかけに、問題が少しでも解決してくれればいいと思うけど
>私らには一体何が出来るんだろうね・・・。>

そう,そこなのよね。
何ができるんだろう?
総理府にメールするとか
英国や米国の状況について
レポするとかくらいなら思いつくんだけどねぇ...
このサイトに連絡して聞いてみようかなぁ?
誤解って
瓦屋根
誤解だったんです、って何度言えば気が
すむんだっ?
誤解を与える前に、書いた物を「校正」入れ
てからSUBMIT押してみっての。

誤解じゃないだろう、いつもの「悪意を
持つ嫌味」だろう?!!

Re:瓦屋根家のお嬢さん
宅屋 (たくや)
>誤解を与える前に、書いた物を「校正」入れ
>てからSUBMIT押してみっての。>

そうそうそうっ!
教師が,そんな無責任で,どぉするってんですよ。
ま,無責任な教師,少なくありませんが。

>誤解じゃないだろう、いつもの「悪意を
>持つ嫌味」だろう?!!

そうそうそうっ!
誤解ですむなら警察はいらないってぇのっ!
それよりなにより「誤解」って言葉の意味理解も
使い方も間違ってるってんですよっ!(爆)

この記事へのトラックバック

Copyright: 宅屋 (たくや)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


*忍者ブログ*[PR]
*