忍者ブログ
ただ今、休憩中でございます...
自己紹介
HN:
宅屋 (たくや)
趣味:
旅行/語学/お祭り/宝飾鑑賞/ノキアE71/サムスンOmnia/DSi
自己紹介:
ただ今休憩中でございます...
ブログ内検索
最新コメント
[03/11 aho]
[03/10 ばに]
[02/26 Kaz]
[02/20 NONAME]
[02/20 NONAME]
あれこれ
Twitter/ツイッターる↑

↓お買い物にどうぞ↓





amazon英国Best10の
↑さわりが聞けます↑



free counters



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
広告
カウンター
バーコード
スポンサー広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、英国は、戦没者追悼記念の日曜日(Remembrance Sunday
そして今日は
ベルリンの壁崩壊20周年。

11月の寒い朝。
この頃になると急に寒くなりますよ....

この二つに関してブログを書きたいなんぞ思って
動画も探して、
昔、東ベルリンに行った時のパスポートやら
DDR(東ドイツ)で買った絵はがきやら
ひっぱり出して来て、写真まで、撮ったんですが
考えがまとまりませんでした...

東ベルリンに関しては
くだらないバカ系想い出の方が多いですし
崩壊当時の動画を見ていたら、
様々な思いがおしよせて来て
個人的な想い出とは、さすがに、
同じブログには書けません...。
バカ話は、また、後日、書くかもしれませんが
今は、書く気が、どうも起こりません...。

とりあえず、
写真だけ、ここに載っけておきます。
DDR絵はがき表
アレクサンダー広場の絵はがき(↑表↓裏)
DDR絵はがき裏
(ここにも当然行きました。)


上海の家には、当時、東ベルリンで
行列して入店した本屋にて買った
世界地図帳やら、生徒用の日記手帳などがありますが
東ベルリンの「記録」で、今
手元に残っているのは、これだけ...

1986年12月6日
東ベルリンで過ごした一日
その記録
DDR入国スタンプ

その後、3年もたたないうち
1989年11月9日
壁が崩壊するとは
その時、全く、思いもしませんでした..


夜中じゅう、そのニュースを見ながら
「南北朝鮮」の統一も近いかもしれないと
静かに興奮していたのを
動画を見ながら思い出しました。

動画内の東西ドイツの人々の会話も是非ご紹介したいのですが
今、日本語訳をつける時間が無く申し訳ありません。

3分あたりから、出て来る女性は
西ベルリンの地(というよりも、壁の向こう側)
を再び踏むのが一生の夢だったという事で
夜、騒ぎが収まりかけた頃に現場にたどり着いたのですが
「我が子達の一生に誓って絶対戻ってくるから」という
涙の訴えと、周囲の人々の声援の中
東ドイツ側の警官達の「護衛」のもと
無事、「境界線」を超えて西の地を踏み、また東へ戻って来ました。
The opening of the Berlin Wall 1989 / Reichstag ( English Subtitles )


↓崩壊当時の英国民放局のニュース↓
Fall of the Berlin Wall (ITN News)
(当時の心境は、この動画そのものでした。)


西ベルリンで泊まった宿の女主人の言葉は
非常に印象深く、記憶力の悪い手前にはめずらしく
今でも覚えております。

「ベルリンをね、壁の街って、私どもは呼んでるんですよ」

壁の街....

まだ、世界には、いくつも
壁の街があります。
見える壁も、見えない壁も....


DDR
この国名も、今や、想い出となってしまいました。
ベルリンーDDRの首都




人気ブログランキングへ
↑どうか一押し!↑
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
かぐや
私もこの瞬間はニュースで見ていました。なんか訳わからんけど、すごく重要な瞬間を目撃している、という興奮は十分伝わってきました。感動の再会を果してる人を見て、子供ながらに感動したりもしました。

今やテレビ嫌いになってしまったのですが、(特にニュース系)やっぱり画面だからこそ伝えられるものってありますよね。ちょっとテレビも見直すかなぁ~~。
Re:かぐや姫
宅屋 (たくや)
>私もこの瞬間はニュースで見ていました。なんか訳わからんけど、すごく重要な瞬間を目撃している、という興奮は十分伝わってきました。>

かぐやちゃん、この頃、小学生でしょ?
かなり鮮明な記憶となっているんじゃぁないでしょか?

>今やテレビ嫌いになってしまったのですが

手前も、テレビあんまり好きじゃないんですよ。
今は、YouTubeのおかげで、随分、ラクになりました。
(見たいものが出て来るまで見たくないものを我慢して見続ける必要がない)

>やっぱり画面だからこそ伝えられるものってありますよね>

ありますね〜っ!!
ほんに百聞は一見に如かずってぇいいますが...
動画に欠けるものは、現場の匂いと気温ですが
それでも、かなり、うったえてくるものがありますね。

時間経ったなあ。
N☆
mixiにも同様にコメりましたが、
ああ~ホントに、崩壊してからそんなに経つんだね。
実は私は、初めてドイツに行ったのが(経由とかではなく)
壁崩壊から数年目くらいだった。
それで、ハンブルグ郊外の友人宅から旧東側へコーヒーを飲みにいったけど、旧国境を越えた途端にガタガタ道になるわ、コーヒーは激高いのに不味いわで、旧西側の友人たちにも不評だったわ(笑)
格差があるとはいえ、統一直後よりはるかに良くなっているようだけどね、今は。。。

残念ながら、朝鮮半島の方はますます統一から遠ざかり格差も広がり…その瞬間はいつになるのかな。。。統一したらすべてが大きく変わると思うよ。
Re:N☆ちゃん
宅屋 (たくや)
こちらにも、お言葉、ありがとさん☆
ほんにねぇ、もう20年ですから。

そちらでも書きましたが
西ベルリンから東ベルリンへの旅は
タイムトラベルのようでしたよ。
車や建物の年代が違う...
街の雰囲気は、東のほうが好きでしたが
暮らす分には、大変でしょうなぁ....
金髪女性が、西ほど多くないのにも驚きました。
(あまり、染めている人が多く無かったんじゃないかと思います)
様々な意味で、貴重な一日となりましたよ。
現在も、東と西に関しては、問題があると思います。
統一前より悪くなった部分もあるのではないでしょうか。

>朝鮮半島の方

当時は、10年以内に南北統一が起こるかも、と、非常に興奮したもんですが
もう、既に20年たっちゃいましたからねぇ....
「観光旅行」ができるようになってからも長いですしね...
テキサスにて
瓦屋根
当時はテキサスの自宅で、TVの前で呆然と
立ちすくんでこの映像を見ました。
本当年月がたつのは早い。 20年ですか。
Re:瓦屋根のお嬢さん
宅屋 (たくや)
おぉ、テキサスでしたか。
こうやって、世界じゅうのあちこちで
同じニュースをみていたってのは、これまた感慨深いですな。
ほんに時間のたつのは早い...
20年ですからねぇ。20年..
この記事へのトラックバック

Copyright: 宅屋 (たくや)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


*忍者ブログ*[PR]
*