忍者ブログ
ただ今、休憩中でございます...
自己紹介
HN:
宅屋 (たくや)
趣味:
旅行/語学/お祭り/宝飾鑑賞/ノキアE71/サムスンOmnia/DSi
自己紹介:
ただ今休憩中でございます...
ブログ内検索
最新コメント
[03/11 aho]
[03/10 ばに]
[02/26 Kaz]
[02/20 NONAME]
[02/20 NONAME]
あれこれ
Twitter/ツイッターる↑

↓お買い物にどうぞ↓





amazon英国Best10の
↑さわりが聞けます↑



free counters



カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
広告
カウンター
バーコード
スポンサー広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

某所で、こんなニュースがとりあげられていました。

「わいせつ性無い」日本映画史上初“無修正”出産シーン

 実際の出産シーンを無修正で上映する劇映画が10日に公開されることがわかった。映画倫理委員会(映倫)は当初、モザイク処理での上映としていたが配給会社の強い要望で再審査し、「R18+(18歳未満観覧禁止)」の指定付きで無修正公開を許可。出産シーンが無修正で上映されるのは日本映画史上初となる。

 この映画は、第30回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)や釜山国際映画祭でグランプリを受賞した「無防備」(市井昌秀監督)。プラスチック工場で働く主人公の主婦が新人の妊婦の指導をするうちに自分の不幸な人生を振り返り葛藤する、という内容。クライマックスで、市井監督の妻で妊婦役の女優、今野早苗が出産するシーンが克明に撮影されている。

 昨年7月、PFFのコンペティション部門に出品された際、映倫は出産シーンにモザイク処理することで上映を許可。しかし、劇場公開に伴い、無修正での上映を望んだ配給会社のエスピーオーが再審査を申し出た。

 映倫は「出産シーンの審査は前例がない」と難色を示したが、年少者映画審議会も加えた全委員21人が改めて映画を観賞した結果、「わいせつ性は認められない」と判断。ただし、「大人向けの作品で極めて刺激的な出産場面」との理由でR指定とした。

 エスピーオーは「修正個所がある状態での上映は本意ではない。『完全バージョン(無修正)』での上映が可能ということが最優先事項と考え、制限指定を受けた。指定を受ける作品かは多くの観客自身の目で確かめてほしい」と話している。「無防備」は東京・シネマート新宿などで全国順次公開される。

(引用終わり)
===============

猥褻より何より、出産には危険がつきものだと
夫妻ともに十分理解した上で、撮影を実行したんでしょうか?
お産で死ぬ人の数は、そりゃぁ昔とは比較にならないほど減って、
むしろ亡くなったら大事件というほどまで進歩してますが
それでも、亡くなられる方は、いらっしゃんですよ。
もっと多いのは、死産、そして
難産で、赤ちゃんに障害が出てしまう例で、
悲しい事に決して稀じゃぁありません。

赤ちゃんが無事に生まれて来るというのは
「当然」じゃあ絶対ないんです。
長い歴史と人々の研究/努力のすえに、やっと
「比較的、無事なお産」が、
「比較的、安全な国」では、できる様になってるってだけです。
世界的規模でみると、お産で亡くなる妊婦や赤ちゃんは
まだまだ、たくさんいるんだと、ニュースや寄付金活動が
いくらでも教えてくれてるじゃぁないですか。

英国で、妊婦に配られる「お産読本
(私の時は2回ともムック形式の厚い本でした)」には
出産の瞬間の写真も載っていましたし
(感想「見なきゃぁよかったってんだよっ。」につきましたよっ!!)
(何しろ、生むぶんには見る必要なんて、これっぽっちも無いですからっ!!!)
実際に、我が子の誕生をビデオに撮る夫もいますが
それは、全て、危険性を考慮し
何か万が一、順調に行かない点があったら
すみやかな処置の障害とならないように
と、十分、配慮された上で行われる撮影です。
よって、もし、何かあったら
撮影は即中止となりますし、それは
当然、納得の上で、撮影の準備もされているわけでしょう。

しかしながら
「映画」のクライマックスという重要なシーンに
「出産シーン」を使うという事は
難産等の理由により
撮影ができなくなったら、
映画製作自身に莫大な影響を与えるじゃぁないですか?

出産シーンが撮影できなかった場合の
「予備案/Plan B」があったとしても
映画用の撮影だの何だの、大金はかかるでしょうし
場合によっちゃ、映画自体が完成不可能に
なっちゃったりしないんでしょうかね?

さらに、もし、そんな最悪の自体となった場合
「できていない馬鹿夫」だったら
妊婦のせいだ、と言葉にしなくても思ったり
「できすぎた妻」だったら
私のせいだ、と思ったり..
純粋に子供の無事を祝うことさえ
できなくなっちゃうんじゃありませんか?

なんとか生まれても無事育つかどうかわからないような
状態だったら、この監督は、やり直し状態の映画製作と
妻子をささえる事と両立できたんでしょうか。

この監督/女優夫婦が
そんな危険性を十分に理解した上で、撮影を実行し、
また、この撮影に関して、夫婦の足並みは揃っていたのかどうか、
どちらかが積極的で、どちらかが消極的だった場合
そこでできた、ちょっとの差が、小さな亀裂となり
何かの衝撃で、破裂したりするんじゃないかと
他人事なのに、気になっちまいましたよ。


命が生まれて来るってのは、
一種の奇跡なんです。
ありふれてたって奇跡なんです。
妊娠も、出産も。

産婦の精神的肉体的負担と、
赤ちゃんの誕生を阻止する危険要素は最小限に止めた上で
「安産で当然」のような傲慢な心を持たず
あくまでも
謙虚に
感謝の心で
新しい生命を迎えること、
無事に生まれて来た命を大切にするとともに
無事に生まれて来れなかった命とお母さんに心をよせる
それが
お産の基本じゃないでしょうか。



人気ブログランキングへ
↑どうか一押し!↑
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
どういうことなのかねえ・・
餡子
お産をビデオに取る人って最近多いよう
ですから、まあそのこと自体は
各自の勝手ですが、私、絶対!
いやだったね、これって。
痛くて泣いたり叫んだりしてる時に、
夫がじーっとビデオカメラを回してるって
状況、どうも私は想像できないのですが、
カメラに向かって「てめえが変われよ、馬鹿やろっ!」とか叫んでしまいそう・・。
なので、映画に撮られることに同意する
奥さん、信じられません。
女優だといいますけど、出産ってこの場合は、演技じゃないんでしょ?
どうもよくわからん・・・。
Re:餡子ちゃん
宅屋 (たくや)
>痛くて泣いたり叫んだりしてる時に、
>夫がじーっとビデオカメラを回してるって
>状況、どうも私は想像できないのですが>

まったくでございますよぉぉぉーーーっ
手前にとっては有り得ない状況でございました。
写真撮られるのでさえ嫌でしたからねっ!!!
生まれたばかりの赤ちゃんの写真は
記念になるんで撮ってもらいたかったですが
生んでるところなんて見返したくもありませんよっ
まぁ、「母ちゃんは、こんなに苦労してお前を生んだんだ」
って見せるってぇ使い方もあんのかもしんませんが。

>カメラに向かって「てめえが変われよ、馬鹿やろっ!」とか叫んでしまいそう・・。

叫んで当然だってんですよっ!!!!
首根っこ、ひっつかんで、壁に頭ぶちあてたいくらいでさぁっ!
うちのお唐は、血に弱いんで
当然、撮影なんて、おそろしいこと、考えもしませんでした。
失神しちまって、せがれに「父ちゃんが、死んじゃったぁぁ」と叫ばれたのが
今でも良い語りぐさですよ。ほほほ。

奥さんも女優さんなんで見せたいって気持ちが強いんですかねぇ?
お久しぶりです
Yoco
マロさん*
こんな記事を読んだら、ちょっとぐっと来てしまいます。
本当にありふれた“奇跡”ですよね。
Yocoの夢で50代の妊娠騒動思い出します。

えげれすに居るマロさんに帰国報告も変ですが、Kazさんのコメ欄とメールも良かったらご確認くださ~い。


Re:Yoco小姐
宅屋 (たくや)
お帰りなさいましーーーーーーーっ!!!
大変失礼申し上げました。
さっそく取り外して参りましたよ。
FC2の方は、もう、完全、放置状態になってまして
全く気付いておらず、失敬しました。
これからは、この江戸ブログ主で参る次第でございます。
江戸ブログなんで、ブログだけでなくコメ欄でも
合わせた口調にしようとしてんですが(笑)
どうか、愛想尽かされないよう、おつきあいいただけたらと
願うばかりでございます〜〜。
はじめまして
富山湾三

市井監督の記事を検索していて辿り着きました。

僕は富山で市井監督の「無防備」を拝見し、トークライブにて市井監督や奥様の撮影に関する話を聞いた上で、お二人とお話させて頂いたことがある者です。

ブログを拝見していて、お産に対するご心配はごもっともだと思いました。

ただ、映画を実際に拝見し、またご本人たちのお話を伺った者として、このまま誤解のあるままの記事が世の中に出てしまうことが、どうにもやりきれなかったのでコメントさせて頂きました。

「無防備」は
映画を製作される上で、まずはお子様の安全を最大限に考えた上での撮影であったこと、また病院の先生方とも綿密にお話され、危険性を十分に理解し、またアドバイスを受けた上で、万が一の場合は映画を中止する覚悟を持って、スタッフキャストの皆様が挑んだ作品であったということです。

実際にお会いしたからこそ分かりますが、監督も奥様も「命」について、本当に真剣に真摯に考えていらっしゃいます。

出産シーンばかりが取り沙汰され、間違った状態で映画の情報が蔓延ってしまっていますが、無防備は決して「出産映画」ではありません。

人間の光も闇も真摯に描いた暖かな映画だと僕は思います。

映画を実際にご覧になれば、何故ゆえにここまで覚悟を決めて出産シーンの撮影に望んだのか、よほど読解力のない人間でなければ、きっと分かる筈です。

宅屋様もまずは映画をご覧になってみて下さい。

少なくとも、監督がバカ夫でないことや、奥様が女優だから見せたいと思って撮影を承諾した訳ではないことを、嫌と云うほど実感出来ると思いますよ。

僕は「無防備」のいちファンに過ぎませんが
この映画は間違いなく、後世に語り継がれるであろう素晴らしい作品です。

宅屋さんや、同じように考えていらっしゃる方々の誤解が解けますことを願って止みません。
Re:富山湾三さま
宅屋 (たくや)
いらっしゃいませ!
実際に映画をご覧になり、実際に監督夫婦と語られ
映画公開に関する記事や短いインタビュー記事及び
映画のトレーラーだけでは全くわからない事実を
ご存知の方からのコメント、非常に有り難く思います。
手前のようなブログにおける誤解を解かれようと
お知らせ下さるほどの感銘を受けられた所からも
映画が素晴らしいであろう事は容易に想像がつきますし
国外なので難しいとは思いますが機会があれば
是非拝見してみたく存じます。

この映画に関しては、もともと
話題性を最重要視するミクシニュース
(かなり選択や見出しの文語に疑問を感じる「ニュース」)で
知ったのですが、関連日記の中には、
「猥褻」という部分に過剰に反応するものもあり
映画本来の意図する方向とは全く違った方へと
騒がれているようで、それが、映画に貢献するのか
或は、逆効果となるかは、映画を実際にご覧になった方の
行動(ブログに書く、コメントする、口コミで伝える)に
かかっていると思います。

出産の撮影そのものについては
あくまでも、本人達の希望と状況によって
行われるものではありますが、私自身は
医学目的で不可欠なもの以外、一種、
「神聖な領域」に踏み込む行動であり、
また、難産や死産体験者、この映画の中でも描かれている
流産体験者、さらに、体験者の家族や友人で
その体験の悲しみを共有するものにとって、
出産の撮影そして公開という行動自身が、
いかなる意図のもとで行われたとしても
非常に残酷であるのは否めないと考えております。

コメント、心の底から感謝申し上げます。
是非、また、遊びにいらしてください!

この記事へのトラックバック

Copyright: 宅屋 (たくや)。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


*忍者ブログ*[PR]
*